猪犬訓練

2015年4月19日 (日)

猪犬競技会

第五回那須塩原猪犬競技会

四国、神戸、大阪、和歌山からも参加者あり

いつも思うけどホントにレベルの高い犬達が多い

猪に絡む、吠え止め、後ろ足を狙う、ヒットアンドウエイ

犬それぞれの個性特技がある

とくに、四国から参加した方の犬が凄かった

幼稚犬、若犬、成犬どの犬の動きも素晴らしかった。

ただ一頭成犬の犬がオドオドした感じで放しても飼い主の元を離れない

気が弱くて猪犬には向かないように見えたと思うが

飼い主の方に聞くと山ではやる犬だと

多くの人が入るこの環境がやだったようだ。

一番驚いたのは生後4ヶ月の紀州犬の仔

猪の寝屋まで行き吠えたてていた。

(血統なのか?訓練なのか?・・その両方なのか?)

集まった犬達はほとんどが、所謂雑種

品評会の犬ではないけど力強い後肢飛節角度

を持ち合わせ、スピードと跳躍力にたけている。

今回もS氏と参加

スポンサー?に狩猟道具を扱っている株式会社AEG

記念のタオルと本けもの道を頂く

商品の説明もいろいろしてくれた。

得るものが多くあった、参加して良かった。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

|

2014年3月 2日 (日)

猪犬競技会

第4回那須塩原猪犬競技会

4月20日(日)

場所:那須塩原猪犬訓練所

レベルの高い大会です。

自信のある甲斐犬をお持ちの方は参加してみては如何ですか。

002

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

|

2013年11月10日 (日)

那須の猪犬訓練所に・1

那須にある猪犬訓練所に

埼玉のS氏と東京のS氏と訓練に出かけた。

所長さん始め、猪鹿蝶のグループのみなさんには

いろいろと教えて頂き楽しい時間を過ごせました。

猪は80K前後のオス

山牙狼

成長が見えた

吠えて絡んでを繰り返す

良い動きをしていたと思う。

赤熊王

吠えて絡んでを繰り返すも少し集中力にかけていたように思う。

訓練所に着く頃吐いてしまい

気分も乗らなかったような感じがした。

東京のS氏の犬も良い能力を持っていると思った。

観賞物としての犬ではなく

真の実猟犬を真の猪犬を作られている

グループの方に、お世辞でもこれだけ出来れば良いでしょうと

言って頂けたのが嬉しかった。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

|

2013年4月24日 (水)

和犬魂・3

大会が終わって

まず感じた事は、競技会に参加するのであれば

できたら同じ会場で、訓練を受けた方がいい。

犬が、馴れるし猪のいる場所もすぐにわかる。

馴れている犬は、放された途端迷わずに寝屋に走って行った。

遠方から来たベテランの方も前日入りして

訓練をしたらしい。

他犬種より繊細で神経質な甲斐犬ではなおさらだと思う。

実猟犬として山では活躍しても競技会では、やらない犬もいる。

反対に、競技会では、良くても実猟では、だめな犬もいるかもしれない。

でも私は、愛護会の展覧会も今回の競技会も大きな意義や価値が

あると思います。

各地の強者が集まるこの大会で甲斐犬が評価されたら

凄い事だと思います。

決勝に残った紀州犬のあの動き

猪が逃げれば後ろ足を噛み向きを変えさせ

突進してきたら吠えながら身をかわす。

けして無理には絡みにいかない。

まさに名犬を見た思いです。

こんな犬を見れるのも競技会のお蔭です。

大会主催者、役員の皆さんに感謝いたします。

大会が終わり表彰式や写真撮影も賑やかで楽しかった。

機会があればまた、挑戦したいと思います。

Kaiken_010

あとがき

この大会に参加している犬達の後肢飛節角度

みな良い足をしていた。

実猟犬の集まりだから外見重視の交配は、考えていないと思いますが

結果、実猟犬に相応しい強靭な四肢、後肢飛節角度をもっていた。

外見重視の展覧会で棒足や、逆飛節、X脚がなぜ残るのだろうか?

※明確な、甲斐犬標準を、設定してほしいものだ。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

|

2013年4月22日 (月)

和犬魂・2

赤熊王の出番

自分で柵に入ると犬の動きが見えないので

高竜さんにお願いした。

放されたクマは、匂いをとり後ろ足で土を蹴る。

多くのギャラリーに、犬の鳴き声、猪の匂い

戸惑いと興奮と緊張をしている姿が良くわかる。

しかし猪の姿は見えない

匂いをとりながらゆっくりと寝屋までたどり着いた。

猪がいるのがわかると身体半分薮に入れて

激しく吠えたてる。

 

猪を誘い出したり怒らせて寝屋から追い出したりの

猟芸は、持ち合わせていない。

(この大会で入賞するには、そのレベルに育てないと厳しい)

吠えても主人が、来ない(猪も出ない)のでどうしたものかと

戸惑い飽きてきてしまった感じになった。

しかし

この状況下で、しかも初めての競技会で

寝屋で吠えることができたので良かった。

会場の雰囲気に呑まれ、集中できず

寝屋までたどり着けない犬も何頭もいた。

隣にいた人にも訓練を積めばもっと行ける犬になると

言って貰えた。

あてられた猪が強いのか、頭が良いのか

この猪は、他の犬もなかなか出せなくて

会場の人が猪変えたれと言っていた。

後で聞いたら入賞した犬は、見事にこの猪を

寝屋から誘い出したとの事。

流石です。

午後のイベントで噛み倒しをすると言う事で

所長さんに出してみますかと言われたので

セイウチさんにお願いして参加させてもらった。

この猪は良く走る奴でクマも興奮して吠えていたので

放されたとたん一直線で猪に絡みに行った。

クマが耳をとり、一緒に放された紀州犬が後ろ足をとり

完全にロックしたところで分けられて次の犬が入れられた。

※始めに猪を噛ませてもらえれば、競技会の時

もう少し集中できたかなとも思いました。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

|

2013年4月21日 (日)

和犬魂・1

第3回那須塩原猪犬訓練大会・第1回競技会に参加。

友人のS氏に誘われ山梨高竜さんと

猪犬訓練大会に参加させてもらった。

友人の房総のセイウチさん

虎之助さんも応援に来てくれた。

朝4時30分に出発し会場に8時に付いた時は

霙まじりの雨、とにかく寒い

Kaiken_005

会場で話をしているとセイウチさんと高竜さんが

興奮気味に話をしている。

聞いてみると、北陸、関東、近畿、中部、四国

と言った所からその道のプロが、有名人が何人も来ているとか。

そこまでレベルの高い競技会とはつゆ知らず

帰ろうかと言うとノリノリのS氏と嬉しそうな高竜さん

緊張のなか、赤熊王を参加

この競技会は、厳しい規定が多く

まず、飼い主は、犬を放すとその場所からあまり動けず

犬を誘導しながら声掛けをしたりできない。

また、大きな猪に無謀に噛みに行く犬はあまり良しとされない。

前回群馬で行われた大会とは参加犬やルールの違いが多々あった。

猪も良く走る奴もいれば、寝やと言うか、薮みたいな所に入り

中々出て来ない猪もいる。

訓練を受けた

馴れた犬でなければ対処ができないと思った。

ギャラリーも多く、犬も柵の近くに繋いであったりして

山とは勝手が違いベテランの方が連れてきた犬達も

思うように動かない犬も多くいたようである。

また

出て来る猪との相性もあり難しさを感じた。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

|

2012年5月 6日 (日)

猪犬訓練(実戦編)

柵越し訓練の次は

いよいよ

広い囲いに猪を放しての実戦訓練

Kai_019_2

猪のいる囲いに放したとたん挑んでいくクマ、

吠えたてるサン。

Kai_025

クマに続いてサンも向かって行く。

猪が正面からクマを目掛けて突進してきた。

飛ばされると思った瞬間

うまく

左に交わして避けた。

Kai_031_5

この後猪が傷つかないように分けに入るのだが

それがなかなか難しく

猪の気が荒く

人が入れば猪が人に向かってくる・・で

犬は猪に向かっていく・・で

早く分けないと猪が痛む・・で

Kai_029_5

結果

今回特別に・・・最後まで・・

Kai_038

Kai_048

所長さんには、色々と教えて頂きお世話になりました。

☆ホームページ・リニューアルしました。

http://www.hanno.jp/kaiken_tenroukensya/index.html

 happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

2012年5月 5日 (土)

猪犬訓練(柵越し編)

友人と猪犬訓練所で赤熊王と山牙狼の

訓練をさせてもらってきた。

始めに柵越し

幅1m長さ20~30メートルの柵に

猪を放し訓練を受ける。

※気性の弱い犬、猟欲の無い犬は

この時点で、猪に向かって行けない。

猪の動きに合わせて鳴きながら後を追うサン。

Kai_003

クマも猪を威嚇しながら軽快に走る。

この訓練は、猟欲、集中力、体力、持久力が培われる。

Kai_009_2

☆ホームページ・リニューアルしました。

http://www.hanno.jp/kaiken_tenroukensya/index.html

 happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

2012年3月17日 (土)

猪犬訓練・恐怖編

他犬の訓練を見させて頂いた。

140キロは、あろう大きな猪

6頭が放され見事な吠え止め

10分程経って

イライラしてきたのか

何頭かが猪を噛みに行く

一瞬だった。

2頭の犬が

1、2秒猪に絡んだ瞬間、猪に切られた。

山の猪よりも訓練所の猪のほうが

犬を良くしっているから

山の猪よりも訓練所の猪の方が

恐ろしいと聞いた事があるが

その通りだと思った。

この子は、右前足上と右後ろ脚を切られる

0111_1

この子は、右前足の付け根を切られる

0111_5_4

☆ホームページ・リニューアルしました。

リンクをして頂いている方は、下記アドレスに変更ねがいます。

http://www.hanno.jp/kaiken_tenroukensya/index.html

 happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

猪犬訓練・山牙狼編

猪犬訓練所に赤熊王と山牙狼の訓練に出かけた。

まだ一才にも成っていないサンには、

40キロ程の猪をお願いした。

こちらの心配をよそに果敢に猪に挑んで行く。

003_6

☆甲斐犬ならば当たり前のように猪猟に使えると思っていた。

しかし、近年の甲斐犬は、猪を恐れて近寄れない犬が

多いようである。

50年実猟をやられている、所長さんも甲斐犬が猪に

向かって行くのを始めて見たと言われた。

日本犬を愛する千葉の実猟家の友人も

本当に猪猟に使える甲斐犬がいたら見てみたいと

洩らしていた。

今更ながら

故柳沢琢朗さんが言われていた

大切なのは、精神面の保存なんです。

と、言われた言葉が胸を刺す思いがした。

☆ホームページ・リニューアルしました。

リンクをして頂いている方は、下記アドレスに変更ねがいます。

http://www.hanno.jp/kaiken_tenroukensya/index.html

 happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

より以前の記事一覧