犬の本

2015年6月 4日 (木)

甲斐犬の目

本、甲斐犬より(昭和42年発行)

甲斐犬展覧会審査上の注意・・より

五・眼

眼黒葡萄色の三角目にて清朗なる視力

目の形は、目がしらに少し寄った上まぶたの中央の所に

頂点を持つ不正三角形のものがよく、丸目や楕円形目や出目はよくない。

矢張り、奥まった目の方がよい。

甲斐犬には丸目や出目が多いので、注意を要する。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

|

2015年5月31日 (日)

甲斐犬標準

現在の甲斐犬標準で、目型は

やや三角形にしてとある。

昭和46年発行本

日本犬中型犬

甲斐犬の標準と本質のなかで(文・山田利器)

9)目は三角形を呈し目色は濃褐色とある

また

(目は心の窓)(目は口ほどにものをいい)ということは

犬にも通じる。

甲斐犬の持つ勇猛性、沈着味ということは

一つには目に表現されるわけで、丸目、出目などはいただけない。

甲斐犬の目は鋭い三角目である。とある。

記載ミス、印刷時のミスでないとしたら

当時は、日保を意識していたのだろうか。

Img_0001

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

|

2013年6月 1日 (土)

本甲斐犬よりー2

菊竜女 昭和40年生まれ 奴白氏所有犬

Img_0002

本物を見て見たかった魅力を感じる一頭です。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

|

2013年5月30日 (木)

本・甲斐犬よりー1

甲斐犬はどうして生まれたか

甲斐犬が日本犬として、虎毛犬として世に公開発表されたのが

昭和5年の春で、私が当時日本唯一の畜犬専門雑誌(狩猟と畜犬)へ

寄稿した(甲斐の日本犬村を語る)の一文がはじまりであるが、

なぜにかくも貴重な原始的犬種が生存していたのか。

かりに日本犬の先祖を狼(山梨では山犬ともいう)

であると仮定すれば、甲斐犬などは最も純粋に

その原種を現在に伝えた貴重な原種である。

簡単にその理由を説明すれば

交通不便で他国の人が来なかったこと

他より犬が侵入し得なかったこと

それは交通が不便でもあり

甲斐犬が他の洋犬

雑種犬よりも強かったこと

一村全部が狩猟家であり

強い気性の犬がなくては狩猟ができなかったこと

獣猟、特にカモシカ猟生活者が多かったこと

一代一主の念が強く

主人公に対して非常に忠実であるため

一村全部が愛犬家であったことなどによる。

小林承吉

むか~し むかしの写真

甲斐犬がカモシカを追いつめたとこ。

1761_3

1761_7_2

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

|

2010年6月18日 (金)

甲斐犬の本

 甲斐犬関係の本を紹介 

  何冊か家にある甲斐犬が載っている本を紹介

    甲斐犬     甲斐犬現勢    跳べよ甲斐犬

  001

  ☆他に他犬種のが30冊くらい、雑誌関係

  (狩猟界、日本犬、写真集等)が数冊

  愛犬の友は、50年~毎年1月号が取ってある。

  人気犬種の流れがわかる。

  あとマンガが、何冊もある。

 子供の頃から犬が好きだったのでいつの間にか本も増えた。

|