« 謹賀新年 | トップページ | 新入りの女の子 »

2018年2月 6日 (火)

私の飼った犬 斎藤弘吉

私が飼った犬 斎藤幸吉

たくましかった虎毛 百

 奈良田部落の調査を終えて、それから高山、トノコヤ峠を越えて芦安村に出るため、       深沢さんという猟師に道案内を頼みましたが、この人の連れていた虎毛八カ月のオス犬が 実に名犬でした。


このあたりは、ほとんど岩山で、しかもくずれやすいぼろぼろの岩、ちょっと足をかけても、ガラガラとくだけ落ちる石ころの道ですが、この黒虎毛は、実にたくみに、軽くその上を飛び歩いて、決して石を落としません。

石ころを落としては、その音で獲物のカモシカが逃げてしまうからでしょう。案内の深沢さんが、一行の先頭に立つと、この黒虎毛は安心した様子で、百メートルぐらい先を歩いています。道の分かれているところでは、振り返って、深沢さんの左右の手の合図で、その方に進んで行きます。

試みに私が先頭に立ってみると、早速引き返してきて、深沢さんの側について離れません。この利口さには、私もびっくりしました。

 

 

Img

|

« 謹賀新年 | トップページ | 新入りの女の子 »