« 甲斐犬の神髄 | トップページ | ニホンオオカミ展 »

2017年9月 5日 (火)

日本の野生動物

先日誘われて日本の山野に生息している

野生動物のはく製を見てきた。

どの動物を見ても腹の色素は薄く

背の色素は濃い

日本犬で言うところの(裏白にあらるだろう)

種は違えど、日本に住む野生動物には

共通点がある。

ムササビ

015

リス

016

キツネ

021

シカ


019

ハクビシン

017

カモシカ


022

ツキノワグマ


018

はく製だけではなく、実物の

ツキノワグマやヒグマを見ても

その毛質は、テカテカと光ってはいない。

以前柴犬を飼育している方が

日本犬の黒毛は、真黒や黒光とかではなく

鉄さび色と言われていたが

洋犬種との違いの一つだろう。

0001409041

イノシシもクマも

腹の色素は白毛が出ていたり

うっすらと、白くなっている。

Img

 

|

« 甲斐犬の神髄 | トップページ | ニホンオオカミ展 »