« 気の合う仲間 | トップページ | 中型サイズの固定化 »

2014年5月16日 (金)

甲斐犬ー発見当時

写真ー1

Kai3

写真ー2

Kai1

写真ー3

Kai2

発見当時と言われるこの二匹の写真を見比べる。

どちらが理想なのか?

展覧会のために犬を作る事無くと言うのであれば

どちらでも良いのか?

近年見かけるのは、写真-3の感じの犬が多いような気がする。

個人的には、写真ー2の方が好き

中型犬らしい雰囲気があり

ストップからの吻の流れ、口の裂けかたに

オオカミのような野生を感じる。

縄文犬の頭骨を調べると

顔貌額段が浅い事があきらかにされている。

しかし

甲斐犬は、アップルヘット?

信玄号の写真を見ると、首の周りの毛量もさることながら

顔貌も野趣に富んでいる。

甲斐犬を発見、認識した当時

頭数は、あまりいなかった。

だとするならば

良い面もあっただろうが

極端な近親の弊害はなっかったのだろうか?

顔貌一つにしても明確な甲斐犬標準が欲しい。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

|

« 気の合う仲間 | トップページ | 中型サイズの固定化 »