« 甲斐犬愛護会第139回展 | トップページ | 甲斐犬の体高・1 »

2014年4月17日 (木)

展覧会を考える時

甲斐犬を特徴づける九条件・・より

本会は

展覧会のために犬をつくるのではなく

古来伝わっている原種を優秀系的に

保存愛護するのが目的

体高の五分や一寸は高くも低くも審査主眼にはしない。

甲斐犬の体高は、オスとメスの区別なく40~50㎝と定められているが

40より一寸低くとも50より一寸高くとも犬が良ければ

かまわないと言う事なのだろうか。

普通に考えれば

メスで40~46(理想は43)

オスで44~50(理想は47)

±3㎝と定められていた方がわかりやすいが

愛護会では違うようだ。

場合によっては、オスが40、メスが50で勝負する事もあるのだろうか。

他犬種では、体高はもちろん顔貌も含め

オスとメスの区別化、差別化はハッキリしているようだが。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

|

« 甲斐犬愛護会第139回展 | トップページ | 甲斐犬の体高・1 »