« 山入れ訓練 | トップページ | 早朝の林道で »

2012年7月22日 (日)

姿芸両全

犬を作出する時は、目的を明確にして

作った方が、遥かに作りやすい

姿芸両全

言葉は、カッコイイが、目指すのは、大変な作業だ。

外見に拘らず、猟欲だけに的を絞って作出するか

展覧会の成績だけに拘って

犬を作り、

結果

柵の中にいる猪を見ても関心を見せない。

そんな、犬を作るのも性分に合わない。

シェパードの世界を見ても

訓練犬と展覧会犬では、犬が全然違う。

中には、両立犬を目指している人もいるが

成績は、今一だ。

姿芸両全

ともすると中途半端になりがちだが

やはり目指したい

いつの日か理想の甲斐犬を

(天狼乃銀まだまだ元気です)

067311

|

« 山入れ訓練 | トップページ | 早朝の林道で »