« 仔犬の旅立ち | トップページ | 甲斐犬論  »

2011年9月25日 (日)

甲斐犬談義(理想の赤虎毛の色素)

午前五時友人の酒井氏と山入れ訓練

今日の供は、ムサシ、サクラ、チャチャ、モミジ

林道が台風の影響で、凄く荒れていた。

休憩して朝食を食べていた時

サクラが、何処からか骨を、拾ってきて

一緒に食べ始めた。

また、酒井氏が、購入した。

名刀、又鬼山刀を見せて貰ったが、

本当によく切れそうな山刀だった。

今年は、その山刀を使って、猪鍋だね。

午後は、栃木山形荘の山形さんが

素晴らしい色素を持つ赤虎毛の赤神を連れて

遊びに来てくれた。

この色が、赤虎毛の理想の色素だと思う。

(写真では、綺麗に撮れていない)

011

6ヶ月の若犬でこれだけの色素は、なかなか出ない。

(赤は、年齢を増すごとに濃くなって来ることが多い)

007

赤虎毛で、荒い毛質の赤神、成長が楽しみだ。

019

山形さんには、お土産を沢山頂きまして、いつも

ありがとうございます。

また、甲斐犬血統の研究研鑽にと、

作出犬、栃の隼の血統書のコピーを持って来てくださり。

感謝いたします。

その血統には、父犬の栃狼

赤虎毛で、56回展一席

母方に巨摩狼、父方に巨摩狼の父犬智理や若の花

等の名前が書いたある。

また、栃狼は、実猟犬で、大変活躍した名犬

だったそうです。

012

良き先輩や、良き仲間と共に

後世に名を遺せるような甲斐犬を作出してみたい。

happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

« 仔犬の旅立ち | トップページ | 甲斐犬論  »