« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

まだまだ元気です。

姫ちゃん10歳

まだまだ元気です。

散歩も自転車で走ります。山にも行きます。

005_2

愛護会展では、成犬5席に入賞、多くの優秀犬を

産んでくれた。

☆母方の血統が、名犬野武士の近親交配で、出来ており

良き毛質を受け継いでいる。

  happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

2011年6月24日 (金)

カイ君です。

所沢のカイ君です。

温厚温和なカイ君、良き家庭犬として成長してくれて

嬉しく思います。

Photo

☆カイ君いつも色々な所に連れて行ってもらって幸せだね。

澤様いつもお便りありがとうございます。

カイとの生活を楽しんで頂いて

澤様にカイを飼って頂いて本当に良かったと思います。

暑くなりますが、お体に気を付けてお過ごし下さい。

  happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

2011年6月20日 (月)

保護犬がいます。

石川県の方から
甲斐犬に良く似ている犬と言う事で
私の犬舎に問い合わせがありました。
良く人に馴れていて性格の良い子だそうです。
94d59efd
20110508kaikennokimi5
20110508kaikennokimi13_2
保護された時の状況
保護当時の体重は12~13kg
福島原発20キロ圏内で保護。
甲斐犬風 オス 12~13㎏くらい、中型犬サイズ
現在は、15㎏ほどです。とても元気です。
この子を福島県からレスキューされた方のページは、下記になります。
石川ドッグレスキュー

  happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

2011年6月16日 (木)

男のロマン・・・

ロマンを感じるのは、私だけだろうか、

夕方のニュースで、大分県の椎茸農家が

鹿による被害で大変な損害を受け

そこで鹿の天敵となるオオカミを山に放せないかと言う

話があった。

仕事の合間だったので、全てが見られなかったので

残念だったが、

たしかに、食物連鎖の方程式から見ればおもしろい試みだろう。

此れは、大分だけではなく、北海道や、他県でも考えているみたいだ。

狩猟家が減り、どこの県でも猪や、鹿による被害が深刻化している。

男の子は、だれでも強い者に憧れを持つ

子供の頃は、本気で虎やオオカミが、飼いたいと思った。

日本でハスキーが、流行りだした頃、狼犬を売る

業者が出てきた。

なんどか、見学にも行ったものだ。

関西の動物商から森林オオカミを買おうともした。

日本の山に再びオオカミの遠吠えが響く時がくるのか。

できれば、

芦安の山々に甲斐犬の群れも見てみたいものだ。

2556978908_47778cc247

オオカミと甲斐犬武蔵

Kaiken21_11_28_043

  happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

2011年6月12日 (日)

天狼乃若虎号

犬名は、天狼乃若虎

九州に嫁いだ若虎の写真を送って頂きました。

(嫁いだ頃の写真)

Jpg

素晴らしい犬舎ですね。

Photo

オスらしい顔貌素晴らしい毛質、毛量、そして虎毛

Jpg_2

山野で鍛える若虎

今年の冬は、猪を捕まえられるかな。

Jpg_3

Jpg_4

素晴らしい甲斐犬に成長していて私も嬉しく思います。

また古賀さんには、震災の時心配の電話をかけて頂き

感謝いたします。

☆お母さんのサクラ姫

  happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

2011年6月 9日 (木)

犬名は、タチ。

昭和初期

写真は、私の実家。

此の写真に、写っている犬は、よく狩猟に使っていたそうだ。

実家では、昔から犬を飼っていた。

犬がいない時期が、無かったぐらいだ。

写真のメンバーは、今だれもいない。

曽祖父母、爺さん、婆さん、爺さんの兄弟が写ている。

みんなには、ほんとうに良く可愛がってもらった。

爺さんは、101歳まで車の運転をしていた

80歳代の頃は、平気で山にも行き餅つきもした。

Img_0002

  happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

2011年6月 5日 (日)

何犬だった・・?

親戚が、保護し私が、育てた。

写真は、かなり年をとって来た時のもの。

来た時は、本当に小さかったので、名前は、チビ。

立ち耳、差し尾、濃い赤一枚、蓑毛あり。

此の子とは、よく山に行った。

四つ足より、鳥をよく追い出していた。

15年くらい生きていた。

可愛いやつだった。

(昭和53年ごろの写真)

Img_0001_2

裏白の無い濃い赤一枚(三河雑種)の流れか・・・

近年は、見かけない

雑誌で、見た美濃柴、十石犬が近い色素をしているみたいだが。

  happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

2011年6月 2日 (木)

デビュー戦

私の展覧会デビュー前日の写真

懐かしくもあり恥ずかしくもある写真

先日実家に行った時に出てきました。

たしか12~13歳だったかな。

当時昭和40~50年代は、秋田犬が全盛期だった。

JKCでも日保でも秋田犬が、何頭も参加していた。

私が、小さい時は、オスの大きな黒虎の秋田犬がいたが

此の子は、私が、頼んで飼ってもらった。

                       (長靴が、渋い。)

Img_0001

被毛の色素が綺麗で、大人しい子だった。

そして、優しい女の子だった。

Img

此の子から展覧会が始まりそして、繁殖を手がける事に

私が、初めて作出した子犬君達

Img_0003

  happy01 今日もサクラにポチしてね

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

んブログ村

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »