« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

アメリカに渡った甲斐犬

青い空に広大な敷地

これが、アメリカ

5442630243_07444b3a34

さすが、自由の国、犬も自由だ

5443038585_3d3e1aacb1

この子の名はアカシ

5443639502_a12ea5b1aa

ケージの中や狭い犬小屋で飼われている

日本の甲斐犬達が可愛そうだね。

5442621579_4317cbbfe1

この子はエレノワ

5443220654_a37721e52f

先に行った武蔵の子と共に(クミ)

5443229970_69d8f3400c

Usa

いっの日か、この子達に会いに行きたいな。

|

2011年2月24日 (木)

目が開いたよ♪

virgo 仔犬の目が開きました。

まだまだ顔もクチャクチャて感じheart02

002

apple 仔犬は、毎日抱いたり撫でたりしていますheart04

005

club おとうさんが、それが大事だってnotes

006

ribbon もう少したつと忙しくなりますねheart02

009

banana でも楽しみshine

011

                                   lovely  TOMO

|

2011年2月21日 (月)

仔犬君紹介

2月11日生まれの仔犬君達

2月17日撮影

006_2

               みんな男の子

005

           銀に似て理想の硬い毛質

010

|

2011年2月20日 (日)

つくしが帰ってきました。

2月20日つくしが帰ってきました。

夜仕事から帰ってきたら

茨城の篠塚家よりつくしが帰ってきたと

電話がありました。

5日間どこに行っていたのか

10ヶ月の甲斐犬なので、新しい家になれるのは、

2~3ヶ月かかると思っていたので

失踪したと聞いて戻るか心配していたのですが、

とにかく、戻ってくれてよかった。

心配して捜索の協力をして下さいました

岡崎様ありがとうございました。

また、その関係者のみな様ありがとうございました。

☆つくし、立派な犬舎を作ってもらって大切にされているのだから

二度と脱走するなよ。

043

|

2011年2月17日 (木)

甲斐犬つくしを探しています。

ご協力お願い致します。

甲斐犬 中虎毛 メス 10ヶ月

呼び名 つくし

※ 2月16日午前7時頃

茨城県猿島郡境町塚崎の自宅より

失踪しました。

つくしは、1月30日に親戚の篠塚家に

飼われる事になり、埼玉の私の家より

茨城の篠塚家に行きました。

業者に頼んで、広い庭付きの犬舎を

作ったのですが、

少しの隙間から出てしまったみたいなのです。

つくしは、ほんとうに大人しく、性格の良い子なので、

もしかしたら、だれかについて行った可能性もあります。

甲斐犬ですから、埼玉の私の家に向かっている

可能性もあると思います。

行政各所には、連絡済です。

何か情報がありましたら

天狼犬舎まで連絡をお願いします。

043_2

018

|

2011年2月11日 (金)

旅立ちと出会いの朝は...雪

今朝、サクラの仔達が、アメリカに

旅立って行った。

雪が降っているので、心配だ

無事にアメリカに着いてくれればよいが。

004

     犬名を、天狼乃鶴姫 天狼乃若獅子と言う

005

兄妹で一緒だから行きのケージの中も

寂しくは無いだろう。

明日になれば昨年行った武蔵の仔にも会えるだろう

元気で、活躍してくれる事を祈る。

また

昨夜から今朝にかけて天狼乃銀の直仔が生まれた

オスが4匹中虎毛と黒虎毛

黒い身体に赤の濃い虎毛が入った

将来楽しみな仔犬達だ。

009

|

2011年2月 2日 (水)

甲斐犬の被毛を考える

先日、日本犬保存会の役員の方と話をした。

甲斐犬を、審査する上で、日保の見方と

愛護会の見方とは、違いがある。

そのうちの一つに裏白の問題がある。

( 腹の下が白い、色素が薄い )

日保には、日本犬標準なるものがあり

そこには、日本犬は、裏白でなくてはならないとある。

自然界に生きる動物は、裏白が多い。

トラ、ヒョウ、キツネ、シカ、オオカミ、

甲斐犬以外の他の日本犬。

私も、この考えは、正しいと思う

白い甲斐犬が生まれるのも

その遺伝子に白色が組み込まれて入るのだろう。

また

白と言う色は、多くの種類の生き物の中にある

ごくあたり前の色だ。

そして

愛護会の甲斐犬に黒虎毛が多くなってしまったのも

そこに問題がある。

( 愛護会の展覧会では、裏白だったり、足先や尾の裏

 

等の色素が薄いと減点になる )

黄赤の色をした犬は、ほとんどが腹の下が白い。

また白とまでは、言わないまでも色素は、薄い

愛護会の展覧会に出てくる

赤虎毛、中虎毛の犬を見れば

ほとんどが、腹の下、尾の裏は、色素が薄い

現在愛護会の展覧会に120~150の甲斐犬が

出て来るが、赤虎が1~3、中虎が5~15頭と

少ないのもそこに問題がある。

裏白があるから純粋の甲斐犬ではないとか

雑種だとか、そんな事では、ないと思う。

これは、一つの知識として覚えておく

必要があると思う。

ただし愛護会で展覧会をやる以上は、

裏白だったり、色素が薄かったりしたら勝てないので

そう言う犬は作らない事である。

     ( 自然界に生きる動物には、裏白が、多い。 )

2461356322_a4c78bac15_3

Photo

Photo_2

Ph4

同じ種でも黄赤に比べて黒い毛をもつ者は、

裏白が、少ない。

甲斐犬の黒虎毛が裏白が少ないのと同じだ。

200808021

3043094015_9973c4ee26

20090925_1561174

※なぜ愛護会では、裏白を認めないのか、

その理由をしりたい。

今まで何人もの先輩犬舎、本部役員にも聞いたが

明確な答えが無いのが残念だ。

例えば、日本犬保存会を作られた齋藤氏が、

甲斐犬だけは、裏白が認められないと言われたなら

分かるが。

そんな事はどこにも書いていないし聞いた人もいない。

日本犬の第一人者である中城氏も

甲斐犬が純日本犬であるならば

日本犬標準に照らし合わせた審査をするべきと話されている。

まだまだ勉強不足の若輩者の私である

この件をご存じの方がおられたなら是非教えて頂きたい。

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »