« 思い出の甲斐犬 | トップページ | 甲斐犬仔犬 飼い主様募集 »

2010年5月12日 (水)

山梨県芦安村に

今から26年前甲斐犬のふるさと芦安村に

甲斐犬を見に(さがしに)行った事がある。

すでに道も良く秘境と言うほどのことは無く

柳沢さんが行かれた頃とは全然違ったと思う。

ホテルに一泊して村の中をかなり歩いたが

甲斐犬を飼育している家は、7件ほどしかなかった。

村にいた甲斐犬の印象は、小ぶりの犬が多かったと思う。

また、あまり吠えなかった。

手をだしても知らぬ顔をしている犬もいた。

飼育環境は、あまり良くなく何件かは

エサ(米ご飯)が、たくさん残っている家もあった。

犬の手入れもしてなさそうだった。

(これが甲斐犬のふるさとかとガッカリしたのを覚えている)

それから10年後に行った時は、3~4件ほどしか

甲斐犬を見られなかった。

なかには、洋犬を飼っている家が何件かあった。

天然記念物甲斐犬その保存はやはり

愛護会とハンターの人達しかいないのだろう。

      写真は、一狼の血を引く

        川竜(60日前後)

Img_0002_2

 昔柳沢さんに一狼の血をひく犬が欲しいと

 頼んだ時

 この犬ならガッチリ入っているよと言って

 譲ってもらった犬

 血統書には、巴の鉄・青雲・古大・王大・

 巴の福姫・等が、入っている。

 感心したのは、連れてきた日は、

 布団に入れて一緒に寝たのだが

 オシッコもぜんぜんしなかった。

 夜鳴きもぜんぜんしなかった。

 

|

« 思い出の甲斐犬 | トップページ | 甲斐犬仔犬 飼い主様募集 »